This page:カーワックス比較実験室 TOP > カーワックス施工記録 > 動画(施工・撥水・艶)

動画(施工・撥水・艶)

カーワックスに関する動画の公開。主な内容は(施工・撥水・艶)などに関して。




zymolカーボンワックスの撥水動画

zymolカーボンワックスを施工した後(1日後)の撥水の様子を動画で公開。

■ザイモール・カーボン施工後の撥水動画

施工方法に関しては、スイスワックスシールドのインプレで書いた通りが詳細になります。 HDクレンズ(半分シュアラスタースピリットで下地作り)→カーボンの施工後です

施工履歴ですが、ワックス施工の前に硬化系コーティングを施工しており、何度か簡易除去+下地処理も行っているのでかなり薄れてはいますが、硬化系+繊維ケイ素系がベースコートになっています。

コレによって単に下地材プラスzymolカーボンワックス単体施工よりも効果が出ている可能性もあります。

ザイモール(zymol)ワックス"カーボン"撥水状態の動画
[ザイモール][カーワックス][カーボン]
ザイモール(zymol)ワックス"カーボン"撥水状態の動画
by coating
結果的に硬化系ベースの上にザイモール・カーボンが施工されているような状態で撥水状態も単体施工より良好な可能性もありますが、他の車に施工した際も同等の性能を確認していますので、ほぼ変わりないでしょう。

スイスヴァックス、ザイモールワックスを現時点で計4種施工しましたが、スイスヴァックス"シールド”を筆頭に、きちんと施工すれば初期の撥水は滑水に近い状態になるため気持ちが良いです。


油脂系の表面張力は弱いものの、水が流れる摩擦抵抗としては大きく、イオンデポジット、古くはウォータースポットの原因とされてきました。

結果的に防汚性能においてもコーティング剤に大きく差をつけられることとなり、今のコーティング剤ブーム?に至るわけですが、初期の撥水がここまで高ければ水捌けの良さがプラスに働くので短期で繰り返し施工出来ればデメリットをカバーできるのでは?とも思います。

ただし汚れの取り込みは、有るようですし、撥水力の維持もピークは1週間程度2週間くらいは良好な状態を維持できますが、その後は撥水力低下によってボディーに滞留しやすい撥水状態になるためイオンデポジットの懸念も大きくなります。

また真夏の高温時の影響も耐久性(撥水維持)に大きくかかわるでしょうから心配なところです。状態維持には最低でも2週に1回ペースで施工したいと言うのが感想です。

動画はあくまで施工直後(1日後)の撥水の性質であり、ワックスそのものの性能が優れているとか、そういったものを示唆する動画ではありません。体感的に気持ちいいという動画です。以上zymolカーボンの施工後撥水動画でした。

zymol(ザイモール)チタニウムの撥水動画

Zymol(ザイモール)チタニウムワックスを施工した後(3日後)の撥水の様子を動画で公開。

■施工後の撥水動画

施工方法に関しては、Zymol(ザイモール)チタニウムのインプレで書いた通りが詳細になります。 ミディアムクリーナー(スイスヴァックス製)ザイモールチタニウムワックスの施工後です

施工履歴ですが、硬化系+スイスヴァックスシールドを施工しています。チタニウム施工前にアルカリ系のシャンプーで洗車して、さらに微研磨系のシャンプーで洗車、その後ミディアムクリーナー→チタニウムを施工しています。

スイスヴァックス・シールドに勝らずとも劣らない撥水能力を発揮していたので驚きました。

下地が本来の下地処理剤ではないので、後ほどもう一回本来のHDクレンズで施工してみて比較してみたいと思います。


施工後の手触りに関してはスイスヴァックスの方がツルツル感があります。撥水に関しても角度が無い部分に関しては"シールド"が勝っていましたが、角度が付いている部分は変わらぬ滑水性能を発揮しているように見えました。

こうなってくると気になるのは、シールドのように汚れが流れてくれるか?という部分と、チタニウムが売りにしている耐久性の面です。スイスワックスシールドは2週間で撥水力の減退を感じ始め、3週間目で普通の撥水くらいになっていました。

当初の性能を維持するなら2週間ごと。親水化するまでは、かなりの期間放置しないことにはなりそうもなかったので、そこまで検証していませんが、普通の感覚なら1か月毎に施工していれば美観や撥水能力に不満は出ない感じでした。

やはりワックスで気になるのは撥水が強くても、汚れが付きやすく、さらにはその汚れをを取りこんでしまい安いと言った性質がデメリットなので、耐久するにしても、その辺りの検証はシビアに行っていきたいと思います。

施工後に気になったのが意外にもムラの存在で、この手のワックス(スイスヴァックスやザイモール)は、今まで思っていた「カーワックス」の感覚を覆すぐらい施工性が良いのでムラにはならないと思っていましたが、仕上げを慎重に行わないと斑になるようです。

斑がある状態では、防汚性能の妨げにもなりますし、汚れの取り込みが発生しやすいかと思いますので、施工ご確認は色々な光源(夜の街灯下、日中の太陽光など)で確認しておかないと本来の性能を確認できないと感じました。

動画はあくまで施工直後(3日後)の撥水の性質であり、ワックスそのものの性能が優れているとか、そういったものを示唆する動画ではありません。体感的に気持ちいいという動画です。以上ザイモールチタニウムワックス施工後動画でした。

swissvax(スイスワックス)サファイアの撥水動画

swissvax(スイスワックス)サファイアを施工した後(3日後)の撥水の様子を動画で公開。

■施工後の撥水動画

施工方法に関しては、スイスワックスシールドのインプレで書いた通りが詳細になります。 ミディアムクリーナーSWISSVAXサファイアの施工後です

施工履歴ですが、ワックス施工の前に硬化系コーティングを施工しており、簡易的に除去した上でミディアムクリーナーをかけていますが、クリーナーの除去率が高いとはいえ完全除去出来ているとは思いません。

swissvax(スイスワックス)サファイアの撥水動画
[カーワックス][スイスワックス][]
swissvax(スイスワックス)サファイアの撥水動画
by coating
結果的に硬化系ベースの上にスイスワックス・サファイアが掛かっているような状態かと思います。(確定的ではないですが)

シールドだけの性能と思っていましたが、すさまじい撥水・滑水性能はサファイアも同様でした。ルーフには傾斜がないにもかかわらずこの状態です。


持論としては天然樹脂が持つような被膜特性として、表面張力が小さい被膜になるため、撥水量は全体的に高い、しかしながら流水摩擦抵抗は大きいため水の流れ的には尾を引いたりして、残り易い。はずだったのです。

そのワックスに対する観念を完全に打ち破られました。恐るべし、スイスワックスサファイア&シールド(他のシリーズもそうかもしれませんが未検証故)

ツルツル感もテフロンワックスであるシールドと同様のツルツル感が得られ、CPCペイントシーラントをしのぐ表面の低摩擦ぶりです。

しかしながら、シールドと少し様子が違うな~と感じたのは汚れの取れやすさです。仕上げが悪かったのかシールドは水を流したときに大抵の埃が一緒に流れ落ちましたが、サファイアに関しては少ししか流れ落ちずボディーに残っていました。

シールドに関しては一回水で流して拭きあげていますが、サファイアは施工を仕上げて、そのまま何もしていない状態なので、今回洗ったことによって若干汚れが付きにくくなるかもしれませんので要検証です。経過を追って報告します。

特にシールドと違ってサファイアは耐久性よりも艶を重視したニュアンスのあるワックスです。あとは、この状態がどれだけ持続するか、高温に弱いワックスが夏場の雨天時にどのような変化を見せるかなどなど検証が必要かと思います。

動画はあくまで施工直後(3日後)の撥水の性質であり、ワックスそのものの性能が優れているとか、そういったものを示唆する動画ではありません。体感的に気持ちいいという動画です。以上SWISSVAXサファイア施工後動画でした。

swissvax(スイスワックス)シールドの撥水動画

swissvax(スイスワックス)シールドを施工した後(1日後)の撥水の様子を動画で公開。

■施工後の撥水動画

施工方法に関しては、スイスワックスシールドのインプレで書いた通りが詳細になります。 ミディアムクリーナーSWISSVAXシールドの施工後です

施工履歴ですが、ワックス施工の前に硬化系コーティングを施工しており、簡易的に除去した上でミディアムクリーナーをかけていますが、完全除去出来ているとは思いません。

スイスワックス・シールド施工後の撥水
スイスワックス・シールド施工後の撥水
by coating
 
結果的に硬化系ベースの上にスイスワックス・シールドが掛かっているような状態かと思います。

それにしても←の動画のような滑水性能はワックスでは絶対に出せないと思っていました。ワックスと言えば強撥水でも滞留性が高く水捌けの悪い撥水が定番。

さらに動画を追加しました。施工から2回洗車後の動画ですが、滑水性能や艶の減退は実車で体感することはできません。今後高温になって通り雨などが頻発する季節で、どう耐久性に影響が出るか要検証です。


油脂系の表面張力は弱いものの、水が流れる摩擦抵抗としては大きく、イオンデポジット、古くはウォータースポットの原因とされてきました。

結果的に防汚性能においてもコーティング剤に大きく差をつけられることとなり、今のコーティング剤ブーム?に至るわけですが・・・

流石はハイブリッドに当たるテフロンワックスと言った感じで、ツルツル感は私が知る中で一番です。今まで1番だと思っていたCPCペイントシーラントの空バフ焼き付け施工を上回ります。

触った感じの摩擦抵抗=水の流水時の抵抗は比例しませんが、このワックスに関しては比例しているようで、触感、滑水ともに優れています。

あとは、この状態がどれだけ持続するか、高温に弱いワックスが夏場の雨天時にどのような変化を見せるかなどなど検証が必要かと思います。

動画はあくまで施工直後(1日後)の撥水の性質であり、ワックスそのものの性能が優れているとか、そういったものを示唆する動画ではありません。体感的に気持ちいいという動画です。以上SWISSVAXシールド施工後動画でした。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.005