This page:洗車コーティング実験室 TOP > 自動車コーティング剤比較実験 > クリスタルガードワン評価

クリスタルガードワン評価

ガラス系コーティング・クリスタルガードワンの効果を多種の実験項目において比較評価。

スポンサード リンク




スポンサード リンク


クリスタルガード・ワンの総合評価

ガラス繊維系コーティング・クリスタルガードワンの総合評価と得点の公開

■CG1の評価得点と所感

以下管理人のお気に入り度も含めた、クリスタルガード・ワンに対する10項目の評価点数と撥水特性を挙げさせていただきます。(実験結果とはいえ独断と偏見がありますので、あくまで参考程度にお考えください)

艶(視覚的艶感の大きさ) 7 ライバルのブリスXなどと比較して絶対的な艶感では劣る?ような感じですが艶の質感自体が若干異なり好みのわかれるところです。白っぽくなると表現される場合も。

実験に関するリンク:CG1施工時の艶を比較を参考にしてください。
耐久性 7 悪くもなく、硬化系のように良好ではありませんが、下地の状態に左右されます。下地次第では疎水被膜持続性がかなり高くなります。ブリスXと同等か少し上か?という感じです。

実験に関するリンク:クリスタルガード・ワン耐久性検証を参考にしてください
重ね塗り適応度 7 被膜を育てるという名言を生み出したのはクリスタルガードワン?と思っているのですが、確かに重ね塗りの恩恵は受けられますし、有効性も感じます。ただしデポジットの閉じ込みがあることは知っておかなければいけません。

重ね塗リ効果に重ね塗りの効果測定の結果があります。
初期耐イオン
デポジット性能
7 フッ素が表層で利いている間の初期耐デポジットは大きいが、ケイ素被膜単体になってくると目立ちにくいデポジットが比較的強固に付く。というのはガラス繊維系全般に見られます。

耐イオンデポジットに関しては賛否両論あるようですが悪くはないです。

関連項目はCG1の耐イオンデポジット検証を参考にしてください。
応用度・汎用性 8 良く調べると若干のIPAが含まれている感じもしますが、樹脂パーツに使用するにあたって問題のないレベルでしょう。

ただ汎用品として色々な所に使うにはもったいないような気がします。性質に関する実験は加水実験過熱実験になります。
施工性・
施工難易度
9 ガラス繊維系の中では屈指の施工性の良さを誇ります。施工方法は湿式や半湿式施工が挙げられていますが、実際には加湿+乾式など、ほぼ乾式に近い施工も十分に可能です。

コーティング剤と一緒に拭き取るという施工も可能。確かに斑にはなりにくいです。
傷消し性能 7.5 元々コーティング剤の中では傷消し性能の高いガラス繊維系ですのでCG1も良好です。一昔前なら9をつけたいところですが、今となっては中の上という評価です。

クリスタルガードワン傷消し性能で特定条件下での傷消し性能比較を行いました。
コスト
パフォーマンス
6.5 比較対照がブリスやブリスXなどのシリーズになりますが・・・決して安くはないです。しかしながら性能に不満が残るわけでも無しという感じです。

200ml中型車で施工方法によっては12回程度使えますから、1回約650円です。同系ジャンルでは若干高めな感じです。
メーカー対応
アフターメンテ用品
7 クリスタルガード・プロの販売を始めた(株)クリスタルガードに販売統一したようで、ラインナップも増え続けており、扱いの製品も全体的に良好な製品が多く、対応も良いと思います。

弱研磨系アイテムなどが無いのがメンテナンスとしては致命的です。
管理人の
お気に入り度
8 艶の感じで(完全に好み)でブリスXを使っていましたが先にCG1を知っていたらどうなっていたか分りません。

何度か浮気をして使用したり、友人の車に施工していますが気に入っています。
撥水特性 疎水
~弱親水
最初は水玉の大きな撥水のような状態で、結構水はけの良い疎水状態をじっくり保ってくれます。下地依存性が高いです。

期間経過後は撥水は非常に弱く接触角度はかなり落ちて、目立つイオンデポジットは付きませんが目立たないものは付きます。
総合得点 74 若干艶が白っぽく感じられるという点を輝きと取るのか、艶に深みがないと取るのかが好みの分かれるところかもしれません。

全体的に見てこれと言った弱点は有りませんが、簡易型にしては若干コストが高いかな?という感じはします。性能は優秀です。

以上はあくまでも総合評価の得点ですので、=コーティング剤が高性能という特典ではありません。性能だけを抜き出したい場合は、気になる項目の評価だけを参考程度に考えていただければと思います。

以上ブリスのコーティング剤比較実験によって得られたクリスタルガード・ワンの総合評価でした。

■コーティング剤の総合評価に関して

自動車コーティング比較実験の各種比較実験の手法説明に挙げられている実験項目の結果と管理人自体のお気に入り度をプラスした総合評価を得点化したものです。1つが高性能なだけでは総合的に高い点数にはなりません。

DIY施工のコーティング剤に求められるものはPRO用とは異なります。「性能が良ければ全て良し」とはしないということです。

edit