リアルクリスタルの評価

シラン系常温硬化ガラスコーティング・リアルクリスタルの効果性能を多種実験において比較評価。

スポンサード リンク




スポンサード リンク


リアルクリスタル性能等の総合評価

シラン系硬化系ガラスコーティング・リアルクリスタルの総合評価と得点の公開

■リアルクリスタルの評価得点と所感

以下管理人のお気に入り度も含めた、リアルクリスタル に対する10項目の評価点数と撥水特性を挙げさせていただきます。(実験結果とはいえ独断と偏見がありますので、あくまで参考程度にお考えください)

艶(視覚的艶感の大きさ) 6.5 薄膜かつ透明度の高い被膜なのでガラス繊維系コーティングや固形ワックスのような艶は出ませんが、硬化型ガラスコーティング特有の輝きを有します。

実験に関するリンク:艶に関しての比較検証を参考にしてください。
耐久性 9 シラン系硬化型は限りなく薄膜ですが、モノマーならではの塗装浸透膜が存在する?のか耐久性はやたらと高いです。屋内保管の耐久性重視ならかなり使える部類だと思います。G-hard同様。

実験に関するリンク:耐久性検証を参考にしてください
重ね塗り適応度 5 硬化系の被膜こそ重ね塗りが効果的?かと思ったのですが透明被膜だからか?定着不良か分りませんが光沢度向上につながるような有効性は目立ってありませんでした。

しかしながら後の実験で放置時間コントロールで効果を上げられることが判明しました。(リスク高い)

塗り重ね効果比較に重ね塗りの効果測定の結果があります。
初期耐イオン
デポジット性能
3 正直な感想として初期の耐イオンデポジット性能の悪さは隠せません。特に水道水放置乾燥は手に負えなくなるので十分に注意が必要です。酸性クリーナーが有効なので必須ですね。

同系G-hardよりも若干硬化が早いような気がする分+1ポイントで3としておきます。関連項目は耐イオンデポジット性能を参考にしてください。
応用度・汎用性 5 IPAを多く含む溶剤ですし、IPA反応型のシラン硬化型は染み込む素材(ゴムや痛んだ樹脂・チョーキング塗装)などに厚塗りすると非常に割れやすいので汎用性は高くありません。しかしながら樹脂製品全般には使えないことはないです。

性質に関しては硬化実験加水実験過熱実験をご覧ください。
施工性・
施工難易度
7 硬化系なので悪いと見せかけて、施工は簡単で短時間で仕上げることが可能です。

効果向上を狙った放置時間コントロールなど余計なことをしなければ、かなり安全に施工ができます。乾式施工ですがワックスのように白残りしませんし、簡単です。逆に拭き取り忘れに注意。
傷消し性能 6 硬化系かつ薄膜につき傷消し性能には乏しいですが、単発施工で放置時間を長くすると効果はそこそこあったりします。ガラス繊維系のようにはいきません。

傷消し性能比較で特定条件下での傷消し性能比較を行いました。
コスト
パフォーマンス
6.5 色々なショップで販売されており、実際の価格が不明ですが、私が知る限りではWEBいちさんで100ml3350円です。そうすると4回施工できるとして約830円ですから、安いショップで購入すればG-hardよりも安価に、定価で購入すればG-hardよりコスパは悪くなります。
メーカー対応
アフターメンテ用品
2 施工説明書が丁寧なので2にしましたが、こういった単品売りのユーザー投げっぱなし製品は好きではないです(販売方法として)。

アフターの製品もなければ代行販売?しているサティーに聞いて何か答えが返ってくるのだろうか?という不安が付きまといます。
管理人の
お気に入り度
4 硬化型コーティングをDIY市場に出してきたという部分では、冒険心を買いますが、硬化系特有のデメリットに対するメンテナンスをサポートする姿勢が見えないので4です。
撥水特性 弱撥水
~弱親水
持続
施工後初期は若干低撥水状態になりますが、流れが良い感じではないので水分滞留によるイオンデポジットに十分注意しましょう。

一定期間経過後、または数回洗車後には親水に近い状態になり、ゆっくりですが水も引きますし、その状態をかなり長くキープします。しかしながらイオンデポジットの出来安さ(取れにくさ)は相変わらずです。
総合得点 54 硬化系の艶の出方などで傷消し性能が薄かったり、艶感も悪くないもののインパクトは有りません。重ね塗りも有効的ではないので実験結果としては悪い方向に出てしまい点数的には良くないです。

しかしながら綺麗な塗装に施工するのが硬化系の最低条件ですし、実施工では独特の輝きが感じられますので艶感不足は補えると思います。

問題はイオンデポジットとメンテナンス方法に関してです。さらに単発売りと言う点でも評価点に響きました。

以上はあくまでも総合評価の得点ですので、=コーティング剤が高性能という特典ではありません。性能だけを抜き出したい場合は、気になる項目の評価だけを参考程度に考えていただければと思います。

以上ブリスのコーティング剤比較実験によって得られたリアルクリスタルの総合評価でした。

■コーティング剤の総合評価に関して

自動車コーティング比較実験の各種比較実験の手法説明に挙げられている実験項目の結果と管理人自体のお気に入り度をプラスした総合評価を得点化したものです。1つが高性能なだけでは総合的に高い点数にはなりません。

DIY施工のコーティング剤に求められるものはPRO用とは異なります。「性能が良ければ全て良し」とはしないということです。

edit