This page:洗車コーティング実験室 TOP > 自動車コーティング剤比較実験 > ピンクダイヤモンドの評価

ピンクダイヤモンドの評価

酸化しない2μの被膜を誇るプロ用ガラス系コーティングピンクダイヤモンドの効果比較実験。

スポンサード リンク




スポンサード リンク


ピンクダイヤモンドの性能等総合評価

ガラス繊維ケイ素系コーティング、ピンクダイヤモンドの総合評価と得点の公開

■ピンクダイヤモンドの評価得点と所感

以下管理人のお気に入り度も含めた、ピンクダイヤモンドに対する10項目の評価点数と撥水特性を挙げさせていただきます。(実験結果とはいえ独断と偏見がありますので、あくまで参考程度にお考えください)

艶(視覚的艶感の大きさ) 8.5 乾式でうまくいけばワックスのような優れた艶が得られます。好みの分かれる艶だと思いますが、ワックスの艶が好きな人なら、まず良いと感じるでしょう。

実験に関するリンク:艶を比較検証を参考にしてください。
耐久性 7.5 初期光沢減退は比較的大きいものの、初期値が高いため絶対的な耐久性は硬化系を除いたコーティング剤ではトップクラスだと思います。

実験に関するリンク:耐久性検証を参考にしてください
重ね塗り適応度 7.5 貸さぬ塗りによる光沢復元能力は大きいものの、斑になり易く、乾式での塗り重ねはかなり苦戦すること間違いなしです。ただ仕上げることができれば効果は大きいです。

重ね塗り効果に重ね塗りの効果測定の結果があります。
初期耐イオン
デポジット性能
7.5 乾式施工故か、初期イオンデポジット耐性は高い部類です。しかしながらフッ素系を表層に強く出すナノガラスなどと違って、ケイ素が強いせいか、性能がいいのは本当の初期のみで、いびつで目立ちにくいものの頑固なデポジットが気になる場合も。

関連項目は耐イオンデポジット検証を参考にしてください。
応用度・汎用性 9 非常に艶が良く、溶剤が入っていないため、色々な部分にレベルの高い保護・光沢剤として使用できます。正しい使い方かどうか分りませんが管理人的にはボディーよりマルチに使う感じが多いです。

ただ決して安くないので、他の部分には他の製品で安いものを使ったほうがコスト的には良いかもしれません。薄めて使っても効果は大きいです。

性質に関しては加水実験過熱実験をご覧ください。
施工性・
施工難易度
4 評価の対象となっている乾式施工では、面倒臭い、時間がかかる、斑になると3拍子揃った施工性の悪さですが、加湿乾式施工法では幾分軽減できる感じです。

とはいえ決して施工性が良い部類でもなく、レベル高く仕上げるには簡単とも言い難いです。
傷消し性能 8.5 艶に比例しますが非常に高い部類です。ワックスとまではいかないかもしれませんが、それに次ぐ能力があると考えても良いでしょう。いわゆるソッチ系の艶があると言うことです。

ただ傷消し能力の持続性は低いです。乾式施工が上手くいくとソコソコ持続性が高いように感じました。施工者の腕に掛かっています。

傷消し効果比較実験で特定条件下での傷消し性能比較を行いました。
コスト
パフォーマンス
7 意外と量を使ってしまいますので1回あたりのコストは1000円~1200円くらいになるかと思います。艶重視のユーザーであれば決してコストパフォーマンスは悪くないのではないかと思います。
メーカー対応
アフターメンテ用品
8 至れり尽くせりのメンテナンス用品やコーティング剤ラインナップはすさまじく、比較的歴史が深いだけあって、HPそのものに価値があるように感じています。

本来なら10にしたいところですが、HPの内容に関して、管理人との意見の絶対的な相違点、製品が雑多すぎて逆に分かりにくい点などで若干マイナスです。

製品の分かりやすさというものは工夫次第でどうにでもなると思います。(その点洗車の王国は素晴らしいと思います)
管理人の
お気に入り度
6 施工性の悪さが足を引っ張って湿式に近い施工しかする気になりません。と言いつつ艶出し剤として色々な部分への施工に重宝していたりします。
撥水特性 弱撥水

弱親水
乾式施工すると親水に近い感じ?になります、基本的に弱撥水で接触角は小さく水玉模様はできにくいです。

そういった意味での撥水特性は良好と言えますが、イオンデポジットはケイ素系ならではの感じで付きますので定期メンテナンスは必須です。
総合得点 77 艶、対コストという面では優秀なコーティング剤かもしれませんが、施工性が悪いのが足を引っ張っているような気がします。

しかしながら施工性というものは技術でカバーできる場合も多く、たまたま管理人の施工技術が足りないだけかもしれませんので、その点を克服すれば良いコート剤かと思います。

以上はあくまでも総合評価の得点ですので、=コーティング剤が高性能という特典ではありません。性能だけを抜き出したい場合は、気になる項目の評価だけを参考程度に考えていただければと思います。

以上コーティング剤比較実験によって得られたピンクダイヤモンドの総合評価でした。

■コーティング剤の総合評価に関して

自動車コーティング比較実験の各種比較実験の手法説明に挙げられている実験項目の結果と管理人自体のお気に入り度をプラスした総合評価を得点化したものです。1つが高性能なだけでは総合的に高い点数にはなりません。

DIY施工のコーティング剤に求められるものはPRO用とは異なります。「性能が良ければ全て良し」とはしないということです。

edit