This page:洗車コーティング実験室 TOP > 自動車コーティング剤比較実験 > クリスタルシールドの評価

クリスタルシールドの評価


スポンサード リンク




スポンサード リンク


クリスタルシールドの性能等総合評価

シュアラスター・クリスタルシールドの総合評価と得点の公開

■シュアラスター・クリスタルシールドの評価得点と所感

以下管理人のお気に入り度も含めた、クリスタルシールドに対する10項目の評価点数と撥水特性を挙げさせていただきます。(実験結果とはいえ独断と偏見がありますので、あくまで参考程度にお考えください)

艶(視覚的艶感の大きさ) 7.5 リキッドワックスという分類にしては視覚的な艶感に劣るかな?と言う印象は持ったものの十分に艶を感じることはできます。

実験に関するリンク:艶の性能比較を参考にしてください。
耐久性 7 撥水性なので、耐久性の確認方法として撥水性能維持が目安となりますが、ワックスと比較すると持ちは良いですし、艶の極端な減退も急激ではなく穏やかです。

よって総合的に考えて耐久性はソコソコ高い部類だと思います。

実験に関するリンク:耐久性検証を参考にしてください
重ね塗り適応度 8 荒れた面に塗り重ねるとムラムラになってしまうことが実験にて判明しましたが塗り重ねるごとに艶が向上することは確認できました。

整った面でもある程度の重ね塗り効果の有効性があると考えられます。

塗り重ね効果検証に重ね塗りの効果測定の結果があります。
初期耐イオン
デポジット性能
7 実験では熱をくわえており、なおかつ撥水性なので非常に目立ちやすいイオンデポジットが付着します。ただしクリーナー使用時の除去率は比較的高く、被膜が落ちてしまう感は高いものの犠牲被膜にはなっていると感じます。

関連項目は耐イオンデポジット検証を参考にしてください。
応用度・汎用性 3 完全にボディー専用の製品で他の部分への使用は基本的に禁止されています。

施工方法の工夫なども行ってしまうと、全く効果を発揮しなかったりしますので、工夫応用は利きにくいコーティング剤です。

性質に関しては加水実験過熱実験をご覧ください。
施工性・
施工難易度
5 施工難易度としては高くありませんし、斑にもなりにくいですが、いかんせん乾いてから拭き取りとなると白残りしますし、拭き取り易いとも言い難い感じです。

難易度は高くないが、面倒臭さは簡易型が高性能を持つ時代としては、若干前時代的な使い心地です。
傷消し性能 5 正規施工方法でないと効果が極端に落ちることがあり、実験をやり直したところ、傷消し効果に関しては当初実験とほぼ変わりなかったため変更は加えませんでした。

傷消し効果比較で特定条件下での傷消し性能比較を行いました。
コスト
パフォーマンス
6 ホームセンターやカー用品店では強気の価格設定で高めですがネットで購入するとソコソコ手ごろな価格で購入できます。(送料が痛いころで、ついで買い以外は厳しい)

容量などを考えると一回1000円~1300円くらいと言ったところでしょうか。微妙に高額で、施工性の問題を考えると・・・。
メーカー対応
アフターメンテ用品
9.5 ワックスのシュアラスターと言うイメージですが、最近ではコーティング剤に積極的に参入してきています。

アフターの製品もたくさんそろっており、色々なお店で購入できるのも利点。またサポートも丁寧と言うことでほとんど言うことなしです。

マニアックなケミカル(酸・アルカリ系)など扱っていません。
管理人の
お気に入り度
5 ワックスのような艶も出ますし、撥水も気持ちい、艶も出る、しかしながらワックスなのか?コーティング剤なのか?

性能に関してハッキリしない感じです。
撥水特性 強撥水

撥水
強撥水~撥水です。最初の水掃けはいいのですが、夏場など高温にさらされた状態で雨に降られると撥水力減退が早いです。

撥水維持性は下地に依存する部分もあります。落ち始めに再施工すると回復します。
総合得点 63 メーカーのバックボーンがデカいですが、コーティング剤としての性能は全体的に高いものの使いやすさと言う面では、お世辞にも良いとは言えません。

悪くないのにコメントしにくいコーティング剤です。アフターの体制や用品の充実は安心できます。

以上はあくまでも総合評価の得点ですので、=コーティング剤が高性能という特典ではありません。性能だけを抜き出したい場合は、気になる項目の評価だけを参考程度に考えていただければと思います。

以上コーティング剤比較実験によって得られたクリスタルシールドの総合評価でした。

■コーティング剤の総合評価に関して

自動車コーティング比較実験の各種比較実験の手法説明に挙げられている実験項目の結果と管理人自体のお気に入り度をプラスした総合評価を得点化したものです。1つが高性能なだけでは総合的に高い点数にはなりません。

DIY施工のコーティング剤に求められるものはPRO用とは異なります。「性能が良ければ全て良し」とはしないということです。

edit