グラスガードの評価


スポンサード リンク




スポンサード リンク


ウィルソングラスガード耐久性検証

ウィルソン・グラスガードの洗車回数における耐久性、持続性の検証

■界面活性剤+スポンジの摩擦におけるグラスガードの耐久性

重ね塗り後のテストパネル それではグラスガード耐久性検証実験を実施いたします。左の画像は塗り重ね効果比較実験を行った後の様子でクリスタルシールドを塗り重ね限界まで施工してあります。(放置時間限界にて)

この状態から洗車を模した洗浄を1回、3回、5回、100往復後にそれぞれ光沢度を測定し艶引けを確認し耐久性、持続性を検証いたします。
仮想洗車1回後の様子 硬化系コーティングに当たるグラスガードですが、まず1回目洗浄を行います。100倍希釈のボディークリンを使用している点は同様です。

結果は-2ポイント。初期光沢の減退なんかとは無縁?と思いつつも意外としょっぱなから2ポイントのマイナスです。
仮想洗車3回後の様子 仮想3回洗車&拭き取り後の光沢度です。なぜか2ポイント戻ってしまい洗浄前と同じ値に。

前回のが測定不安定な状態であったのか分りませんが、確かに見た目では変わらないような気がします。それにしても凄い撥水してます。
仮想洗車5回後の様子 5回洗車後を想定した光沢度測定です。全くもってビクともしない光沢度。2液硬化系ガラスコーティングの真骨頂なのか?抜群の光沢安定性を持っているようです。

現時点で一度-2ポイントはしているものの、戻して±0の状態を維持しています。
ウィルソングラスガード施工パネル100往復洗浄後 スポンジで100往復洗った後の光沢度です。全く変化が無いまま終わるかと思われたのですが-2ポイントの減少です。

何か塗装に染み込んでいる(実際染み込んでいるっぽいですが)かの如く定着で、視覚的に若干光沢が落ちた感があるものの、その光沢は実験中TOPレベルかと思います。


ウィルソン・グラスガードの耐久性、持続性検証の結果

まず最初に当テストパネルを使った実験は極めて特殊条件下である事を留意していただきたいと思います。1、バフレックスで3000番相当の傷が満遍なく入っていること。2、傷の入ったパネルに光沢復元限界まで塗り重ねてある事。

以上2点は通常の実車施工では有りえない状態なので数値化をするために分かりやすくしているだけです。実車で同等の結果が得られるかは検証しておりませんので参考程度にお考え下さい。

クリスタルシールドに関する検証結果はボディークリンを使ったスポンジ洗車計110往復とマイクロクロスによる拭き取り作業計6回を行った結果、光沢度-2ポイントで光沢維持率は97%でした。

市販品としてホームセンターやカー用品店に置いてある製品では、事実上の最高クラスの耐久性を持っているかと思います。公称効果1年は伊達ではないです。

アルカリや酸のクリーナなどを使わず一般のカーシャンプーのみを使用していれば、撥水は衰えても被膜が残存している期間はおそらく1年より長いはずです。(研磨系のシャンプーなども被膜を剥離させる原因になります)

がっちりなどの光沢が得られないタイプではなく、強撥水・艶・傷消し性能などを総合的にともなった持続性ですからDIYのレベルのコーティング剤ではなく、プロが施工すればプロ用のガラスコーティングと何ら変わりないかと思います。

耐久性はこのように高評価ですが、当検証に置いてのみの結果であり、硬化系ならではの施工の難しさ、リスク。耐久するという裏返しで、リカバリーやメンテナンスがシビアで難しいということも念頭に選ぶ必要がありそうです。

光沢度-2ポイント、光沢維持率80%でした。以上がウィルソン・グラスガードの界面活性剤とスポンジ摩擦に対する耐久性、持続性の検証結果です。

edit