PG1silverの評価


スポンサード リンク




スポンサード リンク


PG1シルバーの性能等総合評価

ガラス系コーティング、PG1シルバーの総合評価と得点の公開

■PG1シルバーの評価得点と所感

以下管理人のお気に入り度も含めた、PG-1シルバーに対する10項目の評価点数と撥水特性を挙げさせていただきます。(実験結果とはいえ独断と偏見がありますので、あくまで参考程度にお考えください)

艶(視覚的艶感の大きさ) 6.5 極端な艶感と言うものは一部のコーティング剤と比較すると劣りますが、手触りと言う面では評価したいと思います。コーティングした実感と言うのも施工の醍醐味だと思います。

実験に関するリンク:施工時の艶を比較を参考にしてください。
耐久性 5.5 基本的に耐久性を売りにした製品ではなく、メーカー自身その点を理化して販売しているため、その点について評価するのも何ですが、耐久性は高い部類ではないです。

ただ実用的に洗車などで簡単にはがれてしまうことはなく、熱や汚れによってゆっくり効果を落とす感じです。

実験に関するリンク:耐久性検証を参考にしてください
重ね塗り適応度 4 塗り重ね効果の有無が確認できなかったため、そういった特性のコーティング剤ではないのかもしれません。施工は楽ですし、簡単なので短期捨て膜コート剤と言う事なのでしょう。

塗り重ね効果比較に重ね塗りの効果測定の結果があります。
初期耐イオン
デポジット性能
7 撥水なので目立ちやすいとは思いますが、極端に悪いわけでもありません。撥水が落ちて中途半端になったときに流れが悪くなりデポジットが付きやすくなるので注意です。

関連項目は耐イオンデポジット検証を参考にしてください。
応用度・汎用性 6 直塗り乾式施工などを実施すると斑になります。またボディー以外にも使いにくいので完全にボディー専用で、しかも湿式施工。応用して半湿式施工が限界です。

ガラスにも施工できますが実用範囲内か微妙→あえて使わないという感じです。

性質に関しては加水実験過熱実験をご覧ください。
施工性・
施工難易度
8 スプレーして水滴と一緒に拭き取る施工方法は釈然としませんでしたが、慣れれば効率的で簡単な施工方法だと感じます。

ただこの施工方法では、うまく分布して吹き付けないと斑になる部分があったり、ガラス噴霧した分が流れると厄介だったりします。

総合的に考えて、難易度としては簡単で、斑もできにくい感じで施工性良好です。
傷消し性能 6.5 簡易施工の薄膜ですから極端な傷消し性能は有りませんが、簡易施工型にしては高い方だと思います。重ね塗りが利きにくい分、一回の施工での能力は高めです。

傷消し効果比較で特定条件下での傷消し性能比較を行いました。
コスト
パフォーマンス
9 簡易型と言ってもこのレベルのコーティング剤となるとナカナカホームセンターなどに代用できるものも見つからず価値を見出せる感じです。

非常に体感性能が高いコーティング剤(手触りなどもそう)なので1回に使用する量は若干多く、500mlでも中型車で12~15回施工がいいところです。

1回あたり150~200円と言ったところでしょうか。優秀です。
メーカー対応
アフターメンテ用品
7 製品ラインナップ的には少ないですが、サポートは以前の掲示板を見る限りしっかりしている印象を受けました。

現在は会員制になってそれ以来利用していないので何とも言えないですが・・・サポート体制が急変することもないだろうと言うことで7です。
管理人の
お気に入り度
8.5 メンテナンス剤として一時期使っていたほどです。コレと言った弱点のないコーティングで、何かの拍子にもう一度使ってみたくなる病みつき感は有ります。

施工が簡単という点も大きいと思います。
撥水特性 弱撥水
疎水
強撥水~撥水です。最初の水はけはいいのですが、期間の経過に比例して比較的早く撥水減退を起こし、季節によっては1か月持たないです。

撥水維持性は下地に依存する部分もあります。落ち始めに再施工すると回復します。
総合得点 68 使って気持ちのいいコーティング剤とはこのコーティング剤のことです。テフロンにはかないませんが、施工後のツルツル感が病みつきになります。

コレと言って弱点もなく、コスト的にも悪くなく、簡単に施工できますが、艶・耐久性などの面で際立った性能が無いのも事実です。TOPコートに使用するにはもってこいです。

以上はあくまでも総合評価の得点ですので、=コーティング剤が高性能という特典ではありません。性能だけを抜き出したい場合は、気になる項目の評価だけを参考程度に考えていただければと思います。

以上コーティング剤比較実験によって得られたPG-1シルバーの総合評価でした。

■コーティング剤の総合評価に関して

自動車コーティング比較実験の各種比較実験の手法説明に挙げられている実験項目の結果と管理人自体のお気に入り度をプラスした総合評価を得点化したものです。1つが高性能なだけでは総合的に高い点数にはなりません。

DIY施工のコーティング剤に求められるものはPRO用とは異なります。「性能が良ければ全て良し」とはしないということです。

edit