This page:洗車コーティング実験室 TOP > みんなの口コミ・レビュー > コーティング剤の口コミ

コーティング剤の口コミ


スポンサード リンク




スポンサード リンク


SHIFTウィンドウコートZ

カーウォッシュシフト1液性のフッ素系ガラスコートの性能と撥水具合(動画付き)、施工レビューです。

■ガラスコート

ガラコです。ウィンドウコーティングなのでお間違えの内容に。このサイトでガラスコーティングというと硬化系のボディーコーティングの方に取られる方が多いと思いますので、一応文頭の注意書きです。

なぜ1液性フッ素系ガラスコートか

今になってなぜ1液性フッ素ガラスコート か?というところですが、まず私の場合ガラスコートに求める性能の第一が耐イオンデポジット(耐ウロコ)性能です。低速市街地走行がメインになってしまった私としては撥水でガラスの水が飛んでいく性能は全く要りません。

逆に高速走行になるとフッ素系の撥水でも十分に走行風で吹き飛ばすことができます。そもそも~km/hで水滴が吹っ飛ぶとかありますが、フロントガラスに当たる風量は車体形状による空気整流でかなり変わりますから当てになりません。

2液性を使用していた理由としては耐久性が抜群である点、耐デポジット性能が優れていたから、撥水も強いといわれているシリコン系に引けを取ってないかったから、という理由があります。

今回1液性に変えてみようか?と思った理由は、第一にワイパー跡などができた時に気軽に補完施工(重ね塗り)が出来ないこと(これが最大の理由)、あとは1液性と2液性にどの位の差があるのかキチンと比較をしたことがなかったからです。

耐久性の比較に関しては長期の実験になりそうですが、大差なければ絶対に1液性の方が楽で良いに決まっているのです。第一の理由にも挙げましたが、チョイ施工するのに、いちいち混合液を作って、使わなかった分は廃棄・・・ではコスト的にも手間的にも大きいです。

耐久性が高いので大して気になりませんでしたが、今回2液性の製品が手元に少なくなったので比較を兼ねて、乗り替える製品探しの一環としてシフトさんのウインドウコートZ をついで買いしたという訳です。

撥水時具合は実際どうなのか?動画付き撥水検証

どうでしょうか?転がり落ちるような撥水状態です。比較して「雨天決行」の超撥水のガラスコートを施工したサイドガラスの撥水動画も作ってみますが、たぶん違いが分からないと思います。それを踏まえると少なくとも耐久性や耐デポジット性の高い方を選んだ方が良いという考えになってしまいます。

耐久性に関しては、時間がかかると思いますが(下手したら半年くらい)検証します。フロントガラスで耐ワイパー使用で確認すると結果は早く分かるかと思います。この点に関しては継続的に追記レビューします。

性能評価採点

ウインドウコートZ

 

総合得点 24.0/30.0(仮評価です)

比較検証が終わっておりませんので正確な評価はできないものの、使用して2か月弱、効果は変化なく持続していますので耐久性にも問題なさそうです。。

撥水力 4.0
耐久性 4.0(仮)
耐ウロコ(デポジット) 4.0(仮)
コストパフォーマンス 4.0
施工性 4.0
ワイパーびびり耐性 4.0

以上主に書かせていただいた感想、点数は実験によるものではなく、私個人が使ってみた感じを直感的に表したもので正確な評価ではないと思ってください。とくに耐デポジットや耐久性に関しては結果が出ていないので(仮)になっています。

またこの評価が決定した時に仮に2や3が付いたときはもちろんコストパフォーマンスも追従して下がるかと思います。現状では良好な状態です。

以上ウインドウコートZ の評価とレビューでした。

edit