This page:洗車コーティング実験室 TOP > 洗車・コーティングQ&A > アフターメンテナンス全般

アフターメンテナンス全般

CPCペイントシーラントなどを中心にコーティング剤施工後のメンテナンス全般に関するQ&A

スポンサード リンク




スポンサード リンク


CPCペイントシーラントに重ねがけ?

CPCペイントシーラントと異種コーティング剤との組み合わせの相性に関する情報公開。

■異種コーティング剤重ねがけとは?


例えばガラス繊維系コーティングの上にCPCペイントシーラント、またはその逆やガラス繊維系コーティングの上にカルナバ系固形ワックスの組み合わせ、ガラス系同士でもガラス繊維珪素系とシランやシロキサン硬化被膜系の掛け合わせなど様々な組み合わせが存在します。

このように性質の異なるコーティング剤を重ねがけすることは出来るのか?また重ねがけは可能なのかという点をここでは、持っている経験、情報と知識の範囲で推測または結果公開を交えて答えます。

Q1,CPCペイントシーラントの上に重ねがけできる?

A,大抵のコーティング剤やワックスは施工可能です。しかしながら施工するときは、元々有って無いような保証内容は失効するものと考えましょう。

保証に関する補足ですが研磨剤を含むコーティング剤やワックス以外は基本的には良いとされており、事実CPCの上から撥水コートを奨めているディーラーさんもあります。このようなケースで失効することがないことからOKという判断もできます。

Q2,CPCペイントシーラントと相性がいいコーティング剤は?

A,CPC+で相性が良いのはガラス繊維珪素系コーティング、すなわちブリスX、CG-1などのコーティング剤です。CPCの物足りない艶にアクセントを付けられますが被膜特性はガラス系に依存します。

ただしガラス系の中でも被膜系であるシラン、シラザン、シロキサン系の常温硬化被膜系のガラスコーティングに関しては相性が悪いように感じます。これらを施工するときは上に掛けるよりベースとして使用すべきで、CPCを上に掛けるなら可能です。

ポリラックのようなポリ・アクリルポリマーを主剤としているコーティング剤とも相性が良いのですがポリラックの持つ研磨作用がどの程度CPCの被膜に影響を与えるのかは少々心配。また保証規定に触れる恐れもありますので強くはお奨めできません。

ただしこの程度の研磨作用はCPCのメンテナンスクリーナーにもありますし、研磨剤入りの製品を使用しないで下さい~使用すると保証が無効です!と言っている割には・・・感がありますので個人的には施工した感触も良いのでメンテナンスクリーナー代わりに使っても良好かな?と思います。

Q3,CPCと相性が悪いコーティング剤は?

A,上のQ2で触れたようにCPCペイントシーラントの上に硬化系被膜のガラスコーティングはNGに近いものがあります。

最もCPCペイントシーラントの効果を無効化するのがハンネリワックス、研磨剤リキッドワックス、ついでに水垢落としシャンプー、傷消しワックスの類です。

DIY洗車&コーティングで最も使用頻度が多く、カー用品店でも非常に多く取り扱われている製品ですがこれらは、あっという間にCPCの被膜を剥がし数百円のワックスの被膜に置き換えてしまいます。3回も使用すればほとんど入れ替わっているのでは?

ハンネリには研磨剤と付けませんでしたが基本的にハンネリワックスには研磨剤が入っていることが前提です。成分をみて仮に入っていなくても研磨作用は10中8,9はありますのでご注意を。

更に次いでカルナバ系固形ワックス、研磨作用はありませんので被膜に悪影響(隣接酸化するかもしれませんが)は直接的に与えませんがCPCの最大の性能某汚性能をほぼ無効化します。艶はもちろんアップしますが代償は大きいです。

超撥水のシリコン系ポリマーも同様に汚れとデポジットの嵐を呼び寄せ数万払ってコーティングをした意味がなくなってしまうでしょう。それならばメンテナンスクリーナーを使用したほうが良いと思います。

Q4,ハッキリ言って重ねがけはしないほうが良い?

A,個人の好みなのでなんとも言えませんが、相性の悪い重ねがけ以外でしたら試してみる価値はあるかと思います。ガラス繊維珪素系との組み合わせがお奨めです。

CPCペイントシーラントの利点は施工直後の防汚性能の高さです。帯電性があるため埃が着きやすい事は初期に感じられますが付いた汚れは落としやすいのが特徴です。

しかしながら5年持つといわれている性能は防汚性能ではなく、新車時の艶を一定のレベルで維持する性能ですので抜群の防汚性能も持って半年程度といった印象です。

こうなってくると艶に特別特化していないペイントシーラントは物足りなくなってしまいます。そこでCPCに研磨性を持たないコーティング剤でなおかつトータル的な性能が高く艶に優れているコーティングをオーバーコートしたい場合にはガラス繊維珪素系のコーティング剤がお奨めになってきます。

無難な線はブリスXクリスタルガード・ワンプレストコートハイブリッドナノガラスなどが挙げられます。洗浄作用により下地に影響されにくいプレストコートは施工性としては一番良いかもしれません。耐久性を考えないのだったらPG1シルバーも最適です。

edit